プライバシー情報を簡単にインターネットに掲載しないように注意!

インターネット上の登録サイトの注意点

インターネットが普及したことで、あらゆる登録作業がスムーズに行えるようになりました。新しい情報が欲しかったり、あるクラブの会員になりたかったりしたとき、全て専用サイトで情報を入力すれば簡単に登録することができ、欲しいものが手に入ります。しかし、インターネットのセキュリティは万全であっても100%は安心できないので注意が必要です。実際に登録作業をする場合は、『本当に必要なことなのか。』と自問し、無駄に登録しないよう心掛けましょう。

フリーのメールアドレスで回避

プライバシー情報のほとんどが、登録されているメールアドレスから流出します。だから、自分が普段良く使っているメールアドレスを簡単に登録作業時に使わないようにすると良いです。その代わりに、インターネットで作成できるフリーのメールアドレスを使うと、プライバシー保護にも繋がります。登録作業時にのみフリーメールアドレスを使い、大切な処理に対してはいつも使っているメールアドレスを、というように分けておくことで、情報流出の対策へと繋がります。

登録バスワードはバラバラに設定する

面倒だから、覚えられないからという理由で、登録するパスワードを同一化することは何が何でも避けなければなりません。一カ所の登録サイトでパスワードが漏れてしまえば、他のサイトも簡単に不正アクセスされてしまうので、パスワードはバラバラに設定しましょう。誰の目にも触れないところにメモを保管しておくと、忘れても困らないのでメモを活用しよう。ただし、簡単かつ短いパスワードではなく、長くて複雑なものに設定しておくことも必要不可欠です。

機密文書のセキュリティに気を使うために、大手の専門業者に助言を受けながら、社員間の意識を高めることが重要です。