引っ越し業者を決めるときに「片付け」のことも考えておきましょう

引越し業者の選び方はどうしたらいいの?

引越しので出しで一番最初につまずくのは、引越し業者の選定です。この点に関しては、複数の業者から相見積もりを取って、それから一番自分にとって有利な業者を選ぶべきである、というのがひとつの常識になっています。しかし私は、大抵最初に目を付けたひとつの業者からだけ見積もりを取って、それでそのまま決めるのが常です。何故かといえば、その場で即決すると、営業担当者が段ボールを持ってきてくれて、そのまま準備に取り掛かれるのが、ありがたいからです。めんどくさい片付けには、できるだけ早く手を付ける方が良いに決まっているからです。

引越しは不要物を始末する最良のチャンス!

こういうことは、決して賢い消費者のやることではないかもしれません。しかし引越しは、不要物を始末する大きなチャンスです。このタイミングを逃して、新居にな雑多なガラクタ類を持ち込まないように、気を付けなければいけません。できるだけ早く、持って行くものと不要なものの区別をして、処分できるものは思い切って処分してしまいましょう。そのためにも「持って行きたいもの」と「捨ててしまいたいもの」をじっくりと分別する時間が欲しいものです。

結局、落ち着くところは・・・

結局落ち着くところは、オプションのサービスが充実していて、引越しにつきものの、不要物の片付けに協力的な業者が一番ありがたい、ということになります。特に家具など大物は、最初から業者に早く処分を頼んでおくに限ります。見積もりのときに、とりあえず処分費用も加えてくれます。そして大抵の場合、よほどの大物を処分するのでなければ、当日のどさくさに紛れて、追加でいくつかの不要物を引き取ってくれる業者も多いようです。

大掃除や引っ越しによって不用品が出てきて困った経験を持つ方は多いと言えます。業者へ依頼して、不用品の回収を一気に行ってもらうことで部屋がスッキリとします。